結婚

結婚記念日についてのあれこれ

 

こちらの記事では、結婚記念日にまつわるお話をしていきたいと思います。

 

 

結婚記念日は、大きくは、

 

  • 結婚式をした日を記念日にする人
  •  

  • 入籍した日を記念日にする人

 

の2パターンが多いようです。

 

どちらにしても大丈夫ですので、自分たちで決めればいいでしょう。

例えば遠くに嫁ぐ場合、同じ日を記念日にしたいという思いで、両親の結婚記念日と自分たちの結婚記念日を同じにしたという話を聞いたことがあります。

 

 

日本で結婚記念日というと、夫婦でお祝いすることが多くなっていますね。

 

一方海外では、結婚記念日を盛大にお祝いすることが多いようですよ。

 

結婚記念日に、お花やアクセサリーをサプライズでプレゼントしてくれる旦那さんなんて素敵ですよね。

 

 

ちなみに、結婚25年目の銀婚式や結婚50周年の金婚式は有名ですが、他にもエメラルド婚、ダイヤモンド婚、プラチナ婚というものもあります。

 

日本では70周年のプラチナ婚式までが多いようですが、海外ではこの上にダイヤと金、樫、ワインがあります。

 

日本と海外では、結婚記念日の考え方が多少違ってくるのは面白いですね。

 

 

なお、実は結婚記念日は、結婚1年目から名前がついているんです。

 

ネットなどで調べてみれば、プレゼントするものの説明も書かれているので、そういったものを参考にするのもよいでしょう。

 

 

では、結婚記念日はどのように過ごせばよいのでしょうか?

 

毎年写真館で写真撮影をする、レストランを予約してディナーをする、などといった夫婦もいます。

 

 

金婚式や銀婚式は、家族でお祝いする人も少なくありません。

 

節目の結婚記念日には、少し豪華なお祝いをするといいですね。

 

コンサートへいくとか、芝居を見に行くなんてどうでしょうか。

 

思い切ってナイトヘリなんて、優雅ですよね。

 

 

もちろん結婚記念日というのは、それぞれの夫婦でお祝いの仕方が違います。

 

自分たちが過ごしたいようなスタイルで過ごすのが一番良いでしょう。

 

 

ただし、結婚記念日をすっかり忘れてしまって、相手を悲しませないようにすることは気を付けていきたいですね。