結婚

結婚の種類にはさまざまなものがある!?

 

実は、結婚にはさまざまな種類あります。

 

これには、それぞれの時代や地域の文化の違いが色濃く影響しています。

 

なので、今の日本では考えられない種類の結婚も、数多く存在しているんです。

 

こちらのページでは、それらのいくつかをご紹介していきたいと思います。

現在の日本では、一夫一妻制の結婚のみ認められています。

 

ですが、過去には一夫多妻制も認められていた時代もあります。

 

時代劇を観ていると、そんな時代の結婚の種類をみることができますね。

 

 

一夫多妻制は、現在でも認められている国もあります。

 

ただし、 1人で何人もの妻や子供を養っていく必要があるので、良い面ばかりではないようです。

 

経済的な余裕や体力が必要となりますね。

 

 

他にも、同性結婚という結婚の種類があります。

 

これは男性同士、または女性同士が結婚するというものです。

 

同性結婚は国によっては認められているところもありますが、中には重い罪となる国もあります。

 

ちなみに、日本ではまだ認められていません。

 

それでも最近では、パートナーシップ証明書の発行を行っている自治体も出始めていますね。

 

 

集団婚といった結婚の種類がありますが、これらも日本では認められていません。

 

集団婚とは、日本では原始時代にあった結婚の種類で、特定の相手というのではなく集団で結婚というかたちです。

 

今の日本では考えられませんし、想像すらできませんよね。

 

 

また、事実婚という結婚の種類もあります。

 

これは婚姻届は提出していないけど、結婚しているような生活を送っているというものです。

 

お互いに婚姻の意思がある場合を事実婚と言い、ただ同棲しているだけのカップルというのとは違っています。

 

 

上に挙げた結婚の種類以外には、近親婚があります。

 

近親婚とは、近い親族同士が結婚することをいいます。

 

現在の日本でも、少数ながら近親婚というのは存在しますが、地域差が大きいようです。

 

 

このように結婚の種類はいくつもあるのですが、日本で認められているものはそのうちのほんの一部なんですね。

 

 

http://www.vetsdoaskdotell.org/