結婚

日本の結婚制度の特徴とは?

 

こちらの記事では、日本の結婚制度がどのようになっているのかを、ご紹介したいと思います。

 

 

結婚制度は、国によってかなり違います。

 

日本の結婚制度は、男性は18歳以上、女性は16歳以上であれば結婚ができます。

 

未成年の場合には、片親の承諾が必須となっていて、本人たちの意思のみで結婚が可能となるのは20歳を過ぎてからになっています。

そして、日本の結婚制度では重婚は禁止です。

 

一夫多妻制や一妻多夫制の国もありますが、日本では一夫一妻制。

 

もしも重婚ということがおこれば、それは違法でもあり結婚詐欺ともなるのです。

 

 

この一夫多妻制を嫌だと感じる方もいて、

 

  • 結婚したら、ずっと同じ人を愛さないといけない…
  •  

  • ずっと同じ人を愛せるのだろうか?

 

という不安の声もあるのは事実です。

 

 

また、離婚後に再婚をするには、女性の場合禁止期間があるんです。

 

以前までは、この期間が6カ月ありましたが、現在は100日に短縮されました。

 

また、もしも医師により妊娠していないと証明された場合には、これよりも前に再婚をすることも可能となっています。

 

これは、子供の父親が誰なのかということで、混乱が起こらないためのものです。

 

 

このように、日本の結婚制度も、少しずつ変化してきているというわけですね。

 

 

ちなみに、国によっては、日本よりも結婚制度が緩い国もあります。

 

一方で、日本よりも離婚が大変な国もあります。

 

 

現在の日本では、

 

  • 晩婚化
  •  

  • 離婚率の高さ
  •  

  • 少子化

 

と、さまざまな問題が起こっています。

 

それに伴い、結婚制度も少しずつ変えていく必要があるのかもしれませんね。

 

 

結婚をしてしまうと、どうしても女性が不利に感じてしまいます。

 

妊娠、出産、育児となれば育休が必要、また復帰するには保育園問題…。

 

 

今後は、

 

  • 日本の結婚制度を少し見直す
  •  

  • 海外の結婚制度で良い部分を取り入れる

 

などをして、良い方向に改善し、結婚率が高くなるといいなと思います。

 

 

トップページへ戻る