結婚

余談〜結婚式におけるジンクス

 

結婚式において、いろいろなジンクスがあることはご存知ですか?

 

こちらでは、余談として結婚式におけるジンクスについて、いくつかご紹介したいと思います。

 

 

まずは、有名なものとして、ジューンブライドがありますね。

 

これは、6月に結婚すると幸せになれると言われている、結婚式のジンクスの1つです。

6月と言えば、日本では梅雨の時期なので雨が降ると少し大変ですが、6月の花嫁は憧れちゃう女性も多いのではないでしょうか?

 

 

次に、あまり知られていないかもしれませんが、ウッドスプーンというジンクスがあります。

 

ウッドスプーンでファーストバイトをすると、料理上手になれると言われているのです。

 

料理上手になりたい方は、ファーストバイトの時には是非ウッドスプーンを使ってみましょう(笑)。

 

 

ちなみに、「雨の中の結婚式」というのにもジンクスがあるんですよ。

 

それは、天が2人のために一生分の涙を流してくれるから、今後2人は幸せいっぱいに過ごせるというものです。

 

雨の結婚式って憂鬱になりがちですが、こんな素敵なジンクスがあるのならちょっとロマンティックかもしれませんね。

 

また、これを覚えておくと、スピーチのときなどにネタとして使えるかもしれません。

 

 

ブーケトスは、よく知られているジンクスですね。

 

花嫁が投げたブーケを受け取った人が、次に結婚できるというものです。

 

なお、ブーケトスではなく、紐をひっぱるブーケプルズというのもあるんですよ。

 

 

珍しいジンクスを挙げると、ネズミをモチーフとしたものを置くと良いと言われています。

 

ネズミは子だくさん、しかも生涯同じパートナーと過ごすのです。

 

ネズミか…と思うかもしれませんが、ミッキーマウスとミニーマウスなら使いやすいかもしれません。

 

 

ジンクスばかりをアテにしているのもちょっと…と思うかもしれませんね。

 

ですが、せっかくの幸せな結婚式なので、こんな日ばかりはジンクスを信じるのも良いのではないでしょうか?