結婚

現代の30代の結婚観について

 

こちらでは、現代の30代の方々の結婚観について、お話していきます。

 

20代までは結婚しなくてもなんとも思わなかった人でも、30代の結婚に対する意識となると変わってきます。

 

それは、焦りが出てくることによります。

 

30歳前後になると、周りの友人などがだんだんと結婚し出すので、「私はどうしよう…」という焦りが出てくるのです。

男性は30代になると結婚をしていることで、独身時代よりも社会的に信用をされます。

 

一方、女性はこのままずっと1人で生きていくかどうかの覚悟を決めなくてはならない時期に差し掛かってきます。

 

 

30代の結婚に対する考えというのは、

 

  • 結婚をしたい気持ち
  •  

  • しかし、何らかの理由で結婚に踏み出せない気持ち

 

の葛藤なのではないでしょうか?

 

 

その理由の1つは、女性ならば仕事です。

 

仕事で成功していればしているほど、結婚し妊娠、出産することで会社とは遠ざかってくる不安があるのです。

 

しかし、妊娠は何歳までもできるというわけではありませんので、そこで葛藤がおこります。

 

出産しても保育園が空いているかわからず、社会復帰できるかさえ不透明な現状なのです。

 

 

男性の30代における結婚に対する考えというのは、仕事も軌道に乗り収入もアップしてきているので、そろそろ結婚したいなと思うものです。

 

それでも女性の収入がなければ生活できない人も多くいるので、そうなると女性の負担が増えてしまいます。

 

 

30代になると結婚に対する考え方が変化してくるので、今までよりも恋愛には本気になりだします。

 

経済的安定や一緒に家庭を築いていくということを視野に入れてくるので、それまではルックス重視で恋人を探してきた人もそうではなくなってくるのです。

 

理想ばかり追い求めてきた人は、現実を見るようになってきます。

 

 

このように、30代というのは結婚に対して本気で考えだす年齢ということですね。

 

なお、日本は晩婚化しているので、30代での結婚は決して遅いものではありませんので、焦りすぎず婚活していきたいものですね。