結婚

日本において国際結婚するためには?

 

今の日本において、国際結婚の数は増えてきています。

 

日本では、20組に1組が国際結婚とも言われているんですよ。

 

  • これは外国人が日本訪れること
  •  

  • 日本人が海外へ行くこと

 

の両方が増えたことが大きな理由でしょう。

 

外国人と出会う確率も、高くなってきているということですね。

ところが、日本で国際結婚する場合には、普通に日本人同士が結婚するよりも手続きが少し大変なんです。

 

実際に、「めんどくさい」という声も挙がっています。

 

 

たとえば、日本で国際結婚する場合には、通常の婚姻届けだけではダメなのです。

 

自分の住んでいる地域の市役所や区役所で、国際結婚の書類をもらう必要があるんですね。

 

 

その他に、

 

  • 戸籍謄本
  •  

  • パスポート
  •  

  • 外国人のパートナーが結婚することに問題のないかを証明する書類

 

といったものが必要になります。

 

 

これは、相手が未婚であるかや結婚する年齢に達しているか、などがわかる書類ですので、とても重要なものなのです。

 

日本で国際結婚する場合には、事前に婚姻届けを提出する市町村に何が必要なのかを尋ねておくと良いでしょう。

 

 

それから、婚姻後に相手国への報告も忘れないようにしましょう。

 

だいだいは大使館に書類を提出すれば良いのですが、まれに他の方法で行わなければならない国もあります。

 

ですから、これもしっかりと調べておく必要があるでしょう。

 

 

日本で国際結婚する場合には、このように手続きが変わってきてしまうので、いろいろと気をつけなければなりません。

 

ただ、国際結婚は現在の日本では増えつつあるので、こういった手続きももう少し簡単になるといいですね。

 

 

なお、日本で国際結婚をする場合には、相手の姓を変えることも可能です。

 

これをどうするかは、あらかじめ2人で話し合って決めておきましょう。

 

 

国際結婚の手続きは、初めてのことなのでわからないことが多いのは当然です。

 

書類の不備があると困るので、事前にしっかりと確認して用意するようにしたほうがいいでしょう。