結婚

結婚式を挙げる月についてのお話

 

結婚式をいつ挙げるのかということを月で考えると、やはり6月がジューンブライドと呼ばれていて、人気があるようですね。

 

しかし、日本で6月と言えば梅雨の時期ですので、天候が心配なところなのにどうしてなんでしょうか?

 

実は、もともと結婚式の月としては、6月は人気がありませんでした。

そこで困った結婚式場の方が、海外のジューンブライドというジンクスを日本でも流行らせたんだそうです。

 

海外の素敵な風習は日本でも大流行して、ジューンブライドは人気が高まったというわけですね。

 

 

とは言え、現実的には6月にこだわらなくても、日本は四季がありますので、結婚式の月をいつにしても素敵な式ができるのではないでしょうか?

 

以前夏場はあまり人気がなかったのですが、料金が安めということで、最近は夏に結婚式をするという方も増えているんです。

 

ただ、真夏はメイクも崩れやすいので、新婦さんは少し大変ですね。

 

 

では、ゲストとしては、結婚式の月はいつが良いのでしょうか。

 

まず避けてほしいと思うのは、年末年始とお盆です。

 

実家へ帰ったり、親戚と過ごす方が多い時期だからです。

 

 

また、長期休暇の時期も前々から旅行の計画を入れていることが多いですよね。

 

なので、ゴールデンウイークや一般企業の夏休み期間は避けた方が良いでしょう。

 

 

加えて、真冬も当日に大雪が降って、交通機関などが乱れては大変です。

 

それに、インフルエンザや胃腸炎の流行る時期なので、当日になって突然キャンセルされる方が出る可能性はあります。

 

 

そう考えると、無難なところとしては、春または秋というのが良いのではないでしょうか。

 

例えば、結婚式を3月末や4月初旬に選べば、桜が咲いて綺麗な中で結婚式を挙げることができます。

 

この時期なら、参列者も気持ちよく参加することができるのではないでしょうか。

 

 

ジューンブライドと言われていますが、日本では雨の心配もあるのであまり適していない時期と言えます。

 

結婚式の月を考えるなら、天気や気候も考慮たほうがいいでしょう。