結婚

結婚の定義とは?〜結局のところ結婚って何なの〜

 

結婚とは、簡単に言うと夫婦になることです。

 

辞典で結婚を調べると、「男女が夫婦になること」と記されています。

 

 

ただ、結婚の定義にはいろいろな考えがあるので、「結婚の定義なんて存在しない」と考える方もいるんです。

 

しかし、婚姻というのは法律で認められたものなので、結婚の定義も存在することは間違いないでしょう。

では、結婚の定義とはどういうものなのかというと、

 

  • 社会的結びつき
  •  

  • 経済的結びつき
  •  

  • 人間的な結びつき
  •  

  • 家の同士の結びつき

 

というものです。

 

 

他人だった2人が婚姻することで、このようにさまざまな結びつきを持つことになるのです。

 

結局のところ、見えない硬い絆で結ばれるのが、結婚というものなのではないでしょうか。

 

 

しかし、結婚をしたからといって、必ずしも一緒に住む必要はありません。

 

夫婦の形はさまざまですし、状況も1人1人違います。

 

例えば、単身赴任や別居という選択もあるわけです。

 

このように、結婚の定義のなかには、一緒に住むというものはないのです。

 

 

他にも、日本ではまだ認められていませんが、同性同士の結婚を認めている国もあります。

 

一夫多妻制や集団婚の国もありますよね。

 

あまり聞きませんが、一妻多夫制もあるんですよ。

 

これも1つの結婚の定義なのではないでしょうか?

 

 

また、日本でも婚姻届けを出さないで、事実婚というスタイルのカップルも増えています。

 

離婚をすることが難しい国では事実婚が多く、そのまま子供を産むということもあるのです。

 

 

このように結婚にはさまざまなかたちがあるので、一言で「結婚の定義」を語るのは難しいでしょう。

 

国によって、文化によって、また個々の考えによって結婚というのは違ってきます。

 

このように結婚の定義というのは、国、宗教、その他もろもろのもので異なってくるのです。

 

 

私の個人的な意見では、たった紙1枚の契約が結婚なのですが、戸籍でつながるというのは良いものだと感じていますが…。

 

 

トップページへ